これで黒ずみ解消!

お尻に黒ずみができる原因

お客様1

お尻に黒ずみができる原因としては、摩擦や刺激によるダメージの他にムレ、乾燥、ストレス、骨格など原因は様々です。 摩擦が原因の場合は、合わない下着の締め付けや、お風呂で強く洗いすぎで起こります。 乾燥では角質を厚くしてしまう為に黒ずみ原因となります。 ストレスがたまると、ホルモンバランスが乱れて代謝が悪くなり、黒ずむ原因です。 夏など座り仕事がながいとニキビなどがでて黒ずみの原因にもなります。 お尻の黒ずみには保湿をしてあげる事が大切です。 お風呂でも優しく洗い上がったら保湿クリームを塗ることを勧めます。 美白の効果があるクリームなら、よりいいでしょう。 下着も見直すことが大事です。 自分のサイズに合わない小さな下着だと、締めつけられて血行が悪くなり、ニキビや吹き出物がでやすくなります。 お尻の骨格によって黒ずみになる場合もあります。 お尻に肉が付いていないと座った時に、骨に直接当たるので黒ずみしやすいです。 そんな場合は座布団やクッションをひいて、皮膚にストレスを与えないようにすることが大事です。 一度黒くなってしまうとなかなか元に戻りにくいです。根気よく保湿や美白でケアすることも大事ですが、 黒ずみを解消するには、クリニックでピーリングやレーザー治療もあります。 外用薬として、ハイドロキノンなどが含まれたものがあります。 内服薬は、ビタミンC,ビタミンEを服用して体の内からケアします。 お尻の黒ずみの原因を見直して生活の中でケアしていくことが大切です。

ページの先頭へ